ここから本文です

「小倉記念」&「レパードS」東西記者徹底討論

東スポWeb 8月3日(水)21時41分配信

【小倉記念(日曜=7日、小倉芝2000メートル)&レパードS(日曜=7日、新潟ダート1800メートル)東西記者徹底討論】サマー2000シリーズ第3戦のGIII小倉記念はエントリーこそ12頭にとどまったものの、確たる軸馬は不在で実に難解な一戦。果たしてポイントをどこに置くべきか。涼しい札幌でわが世の春を謳歌する「独創」荒井と、蒸し暑い栗東で灼熱の居残り取材を続ける「馼王」西谷、両極端な夏を過ごしている両者の◎に注目だ。

 荒井敏彦(東スポ):夏本番で大量ゲットだぜ!

 西谷哲生(大スポ):ボクもラフィラのネオンを1年間ずっと夢見てたのに。超絶うらやましい。

 荒井:オレもようやく梅雨明けだ。「ススキノの水が合う」とはまさにオレのための言葉だな。

 西谷:北海道は梅雨ないでしょうに。昼キャバ帰りでボケてます? こんな人が札幌の本紙予想とは…。

 荒井:そう言うな。今度、ポケモンGOを使って美女を落とす攻略法を伝授してやるから。

 西谷:そんな“無理ゲー”より、まずは小倉記念を攻略してくださいよ。

 荒井:ひと言でまとめれば混戦だわな。

 西谷:確かに近走成績、ハンデを考えれば、どこからでも狙えますね。こういう時は減点項目が最も少ないアングライフェン◎でいこうかと。

 荒井:言ってる本人は減点だらけだけどな。

 西谷:無視無視と。前走(マレーシアC)は最後にヴォルシェーブに詰め寄られたけど、それでもしのぎ切れたのは3~4コーナーのペースが上がっていったところで一気に加速できたから。小回り適性を感じさせる走りでしたし、実際に小倉で2勝を挙げてます。ちなみにマレーシアCからの参戦は昨年の勝ち馬アズマシャトルと一緒。

 荒井:その馬は過去にオープン勝ちがあったからな。確かに着差以上に強い内容だったけど、単穴評価が妥当だろ。オレは“◎マーティンでボロ儲け”といくわ。

 西谷:真剣に考えてます?

 荒井:七夕賞(6着)の走りで復調は明らかだろ。速い流れを自分から動いて行く見せ場十分の内容だったからな。もう大事に乗る必要もない。「ダービートレーナーに逆らうべからず」。今回は変わるよ。

 西谷:その七夕賞に続いて対抗はまたダコールで一致。やっぱり勝ち切れないってイメージですかね。

 荒井:小牧太さんが「競馬に負けたんじゃなく、僕が馬に負けた」って悔しがるくらい、賢いというか、難しい馬だからな。抜け出すとフワッとするので、馬群をこじ開けてのチョイ差しが勝利の方程式。そこまで決め打ちの度胸が小牧太さんにはあっても、オレみたいな小市民には踏み込む勇気がなくてね。

 西谷:単純に穴馬券を狙いたいだけでしょ。小倉大賞典が2→3→2着と好走続きなのに、小倉記念は4→7着ってのが少し気にはなりますが…。

 荒井:まあ、このメンバーなら、これ以上、評価は落とせんわな。

 西谷:サトノラーゼンはアッサリまであっていい実績馬。近2走(アメリカJCC=10着→新潟大賞典=13着)は結果が出てませんが、この中間は池江調教師から「連勝からダービーで2着したころのデキに戻ってきた」と力強いお言葉が出ています。直前の稽古内容次第では印を繰り上げることも…。

 荒井:未勝利勝ちに時間を要したくらいの馬だからな。もっと使い込んだ方がいいんじゃないか? オレは同厩のベルーフの方がより気になる。昨年はゴール前でソラを使ってアズマシャトルに差されたけど、勝ちに等しい2着だったからな。目覚めるならここしかない。

 西谷:折り合いに進境を見せつつあるテイエムイナズマは内で脚をためる形が理想。メイショウナルトが飛ばす流れなら面白いかもしれません。1週前の動きが抜群だったし、あれだけ攻めていれば、馬体重を気にする必要もないでしょう。

 荒井:新潟のレパードSも例年と比較すれば小粒な感じ。こっちも波乱含みだな。

 西谷:マインシャッツは好タイムで走破した500万勝ちからすれば、まだまだこんなものではないと思っていたんですが、外傷で回避したとか。となると無難にケイティブレイブですかね。

 荒井:ネクストムーブのキャリア3戦はすべて異なるコース。一戦ごとに内容が良くなっているし、前走の500万勝ちが同週の古馬1000万と同タイムならVレベルにあるぞ。

 西谷:ところで、競馬場にはポケモンはいるんですかね?

 荒井:読者の方々は探索に競馬場へ来てください。きっと馬券もゲットできますよ。

最終更新:8月3日(水)21時41分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ