ここから本文です

草木や動物はこうして作られた、「ジャングル・ブック」メイキング映像公開

映画ナタリー 8月3日(水)18時0分配信

8月11日より全国公開されるディズニー実写映画「ジャングル・ブック」のメイキング映像が解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ノーベル賞作家ラドヤード・キプリングの児童文学を「アイアンマン」のジョン・ファヴローが映画化した冒険エンタテインメント。ジャングル育ちの少年モーグリと、彼を取り巻く動物たちの物語を描く。

公開された映像には、「ジャングル・ブック」の制作過程が収められている。本編に登場する草木や川、丘陵など大自然の光景は、すべてバーチャル映像と実写映像を合成したもの。米国ロサンゼルスのスタジオにブルーバックのセットを組み、撮影している様子が本編映像と交互に映し出されていく。

主人公モーグリを演じたニール・セディは、制作スタッフから「ただそこを歩いてみて。後から画を足すから」と指示されたと言う。「どうやって?って感じだったし、そんなことできないと思っていた。でも、みんなはそれを可能にしたんだよ!」と目を輝かせる。モーグリに深い愛情を注ぐオオカミ・ラクシャの声を担当したルピタ・ニョンゴも「本当に魔法を見ているかのよう」と感動した様子。

アニメーション、モーションキャプチャー、実写制作、それぞれの最先端技術を取り込んだというファヴローは「ゴールは何が現実かわからない状態を作り出すこと。多くのスタッフが参加し、技術と経験を共有してくれた。素晴らしい体験だったよ」と興奮気味に語る。さらに続けて、「映画は観客にとって感情的な体験であるべきだ。そのためによい物語を作る」とコメントしている。



(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:8月3日(水)18時0分

映画ナタリー