ここから本文です

駅構内のアナウンスをスマホに多言語表示 JR東海が試験導入

ITmedia ニュース 8月3日(水)16時43分配信

 JR東海とヤマハは8月3日、東海道新幹線の東京駅、浜松駅、京都駅構内で、日本語のアナウンスを多言語に翻訳し、スマートフォンに表示するサービスを8月26日から試験導入すると発表した。現時点で対応しているのはiOSだけだが、Android版も開発中という。

【実施場所・スケジュール】

 ヤマハの無料アプリ「おもてなしガイド」をスマホにダウンロードし、自動放送や係員の音声放送を受信すると、日本語の内容を多言語に翻訳、表示する。訪日外国人や音を聞きとりづらいユーザーの利用を見込み、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語に対応。ネット接続の必要なく利用できる。

 試験導入は2018年3月末までを予定。利用者にはアンケート調査でニーズを確認するという。

最終更新:8月3日(水)16時43分

ITmedia ニュース