ここから本文です

広島・丸が逆転2ラン 右翼席中段への豪快弾「最高の結果」

デイリースポーツ 8月3日(水)20時11分配信

 「ヤクルト-広島」(3日、神宮球場)

 広島が1点ビハインドの六回、丸佳浩外野手(27)の13号2ランで逆転に成功した。

 1死から菊池が左前打で出塁。チャンスメークすると続く丸は初球、真ん中低めの138キロ直球を狙った。丸本人も打った瞬間、本塁打を確信した打球は、右翼スタンド中段まで到達。逆転弾となった。

 7月10日の阪神戦(甲子園)以来、15試合ぶりの本塁打。8試合ぶりの打点を記録した。正捕手の石原が負傷離脱する窮地に、若きチームリーダーがバットで救った。

 ヤクルトの先発・小川はこの回、2死一、二塁のピンチで途中交代。相手エースをKOする豪快弾に丸は「打ったのはストレート。つなぐ意識でいきました。最高の結果になりました!!」と振り返っていた。

最終更新:8月3日(水)20時14分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]