ここから本文です

ニコラス・ケイジが息子を探し悪霊に立ち向かう「ペイ・ザ・ゴースト」予告編

映画ナタリー 8月3日(水)20時0分配信

ニコラス・ケイジ主演「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「バーダー・マインホフ 理想の果てに」のウリ・エデルが監督した本作は、ケイジ演じる父親マイクが、失踪した息子を探すため忌まわしき悪霊と戦う姿を描くホラー。海外ドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズのサラ・ウェイン・キャリーズ、「クリムト」のヴェロニカ・フェレも出演した。

このたび公開された予告編は、マイクが息子のチャーリーとハロウィンのカーニバルに出かける場面からスタート。すると「霊に償ってくれる?」という謎めいたメッセージを残し、チャーリーが姿を消してしまう。捜査を進めるうち、毎年ハロウィンに多くの子供たちが失踪していることを突き止めたマイクが、さまざまな怪異現象に追い詰められていく。

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」は10月22日より東京・渋谷シネパレスほか全国で順次ロードショー。



(c)2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:8月3日(水)20時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。