ここから本文です

THE YELLOW MONKEY、15年ぶり再集結の舞台裏に迫るドキュメンタリー映画

音楽ナタリー 8月3日(水)22時0分配信

今年15年ぶりの再集結を果たしたTHE YELLOW MONKEYのドキュメンタリー映画(タイトル未定)が、2017年に公開されることが決定した。

映画の公開は本日8月3日に神奈川・横浜アリーナで行われた全国ツアー追加公演「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL-」の終演後に上映された特報映像で発表された。この映画は5月11日にスタートし、現在開催中の全国アリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」と、11月より行われるホールツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-」に密着した作品。ツアー開始までの様子やライブパフォーマンス、舞台裏などの映像から、メンバー4人の素顔を明かしていく。

監督を務めるのは野田洋次郎(RADWIMPS)の初主演映画「トイレのピエタ」などを手がけた松永大司。映画の公式サイトでは特報映像が公開されている。

最終更新:8月4日(木)10時41分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。