ここから本文です

日本ハム、ロッテを中盤突き放す 代打・杉谷が満塁一掃三塁打

デイリースポーツ 8月3日(水)22時22分配信

 「ロッテ2-10日本ハム」(3日、QVCマリンフィールド)

 2位・日本ハムが3位・ロッテを中盤に突き放した。

 初回は大谷の先制適時打と中田の適時二塁打で2点。2-2の五回は陽岱鋼の適時打と代打・杉谷の右中間満塁一掃三塁打で4点を勝ち越した。七回は大谷の適時二塁打と中田の2点適時打で3点を追加。

 九回は大谷がこの日3安打3打点目となる14号ソロを右中間へ放ち、2桁得点に乗せた。先発・吉川は3回1/3、7安打2失点。

 10日ぶりの打席で3点三塁打を放った杉谷は「ケガして自分のバッティングができなかったので、初球からいこう、もらったチャンスをものにしようと思った。しばらく三塁まで走ってなかったので二塁を回って足が空回りした、もう少し練習します」と語った。ここで背後からレアードがペットボトルの水を杉谷の頭から一振り。杉谷は「なんなんだー(レアードを)後で殴っておきます」と手荒い祝福を喜んだ。

 ロッテは連勝が2で止まった。0-2の二回、岡田と荻野の適時打で同点としたが、突き放された。先発・古谷は4回1/3、6安打3失点。

最終更新:8月3日(水)23時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]