ここから本文です

【F1】ヴェッテル、ピレリの2017年サイズタイヤをテスト

ISM 8月3日(水)16時9分配信

 セバスチャン・ヴェッテルは月曜日、ピレリの2017年サイズのタイヤをフィオラノでトラックデビューさせた。テストは予定されていた2日間の開発セッションの初日で、エステバン・グティエレスが2日目を担当する。

 ピレリは先月、2016年のタイヤサイズで試作品のエレメントをテストしており、今回から幅広のタイヤを使用したテストプログラムを開始した。

 2017年に向けてピレリのタイヤは一新され、フロントタイヤの幅は245mmから305mmへ、リアタイヤの幅は325mmから405mmへ引き上げられる。

 ヴェッテルは月曜日の午前、スリックタイヤでインスタレーションラップを走行し、その後、人工的に湿らせた路面でインターミディエイトとウェットタイヤを走らせた。

 フェラーリは、改良型SF15ーTをテストに使用している。

 ピレリのタイヤ開発テストのスケジュールは以下のとおり。

8月1、2日 フィオラノ:フェラーリ(セバスチャン・ヴェッテル、エステバン・グティエレス)、ウェット
8月3、4日 ムジェロ:レッドブル(セバスチャン・ブエミ)、スリック
9月6、7日 バルセロナ:フェラーリ、スリック
9月6、7、8日 ポールリカール:メルセデス、スリック
9月21、22日 ポールリカール:メルセデス、ウェット
10月12、13日 バルセロナ:メルセデス、スリック
10月14、15、16日 アブダビ:レッドブル、スリック
11月2、3日 アブダビ:レッドブル、スリック
11月14、15、16日 アブダビ:フェラーリ、ウェット
11月29日 アブダビ:メルセデス、フェラーリ、レッドブル、すべてのタイヤ(情報提供:GP Update)

最終更新:8月3日(水)16時9分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]