ここから本文です

【F1】ハミルトン、スパかモンツァでグリッドペナルティ

ISM 8月3日(水)16時10分配信

 ルイス・ハミルトンは、スパ・フランコルシャンまたはモンツァでのレースで、エンジン関連のグリッドペナルティを受ける可能性があると述べている。

 ハミルトンはドイツGPでの優勝でニコ・ロズベルグとのポイント差を19に広げたが、6つ目以上のパワーユニットエレメントを使用することでペナルティを受けることが決定的だ。

 ハミルトンは、21レース中の12レースが終わった現段階で、5つ目のターボチャージャーとMGUーH、3つ目のエンジン、エネルギー・ストア、コントロール・エレクトロニクスを使用している。

 一方、ロズベルグは3つ目のエレメントしか使用していない。

 ハミルトンはスパ・フランコルシャンでのペナルティの可能性について「次のレースで使えるように、十分にエンジンをセーブできているといいね」

 「スパかモンツァになると思う。すぐにエンジンを使い切ってしまうからね」と答えた。

 ハミルトンは、チャンピオンシップでロズベルグを6ポイント、リードしていたものの、先週末のホッケンハイムでのレースに「ロズベルグに遅れをとって」臨むことになると述べていた。また、安心感を得るには25ポイント差をつけることだと述べている。

 ハミルトンは「6ポイントリードしているのとは全く違う気分だよ」

 「43ポイント差をつけられていて、今はそれが逆転しているから、とんでもないことだよ。だから、本当に満足しているけれど、さらに後退してしまうレースが1つあるし、再び取り戻すのにどれほどかかるかわからない」

 「ニコは日曜日のレースを楽しみながらトップにいるだろうね。そして僕は戦わなければならない。レッドブルはペースを上げているから、トップ5に入ることですら難しいかもしれない」

 「十分な差をつけていると感じているか?優勝1回分の差がないから、まだまだだね」と語った。(情報提供:GP Update)

最終更新:8月3日(水)16時10分

ISM