ここから本文です

「GANTZ:O」主題歌はドレスコーズの書き下ろし曲、イントロ聴ける特報も

コミックナタリー 8月3日(水)22時0分配信

奥浩哉原作によるフル3DCGアニメ映画「GANTZ:O」の主題歌が、ドレスコーズによる書き下ろし楽曲「人間ビデオ」に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは本日8月3日に東京・FabCafe Tokyoにて開催された「GANTZ:O NIGHT ~@hiroya_oku SHIBUYA Mission~」で発表されたもの。ドレスコーズの志磨遼平は「ゼロ年代を代表する名作『GANTZ』へのぼくなりのトリビュートであり、原作で描かれた人類のいじましさ、業のようなものをテーマとしています」とコメントを寄せた。また奥は「凄く疾走感があってアクション主体のGANTZ:Oに似合ってます!」と楽曲に太鼓判を押している。

「人間ビデオ」を収録したCDは、DVDを同梱した「R.I.P.デラックス盤」、「GANTZ:O」に関連した新曲を収めた「GANTZ:O盤」、通常盤の3形態で10月12日にリリース。なお「人間ビデオ」のイントロを使った「GANTZ:O」の特報「サバイバル編」も公開された。

映画「GANTZ:O」は総監督を「TIGER & BUNNY」などで知られるさとうけいいち、監督を川村泰が手がけ、10月14日に全国ロードショー。なおFabCafe Tokyoでは、原作のパネル展示や「GANTZ:O」の映像上映を行う「GANTZ:TECH」が8月7日まで開催されている。

奥浩哉コメント
凄く疾走感があってアクション主体のGANTZ:Oに似合ってます!気に入って何度も聞いてます!

志磨遼平コメント
すでに初号試写も観せていただきましたが、おそらくこの映画は「フル3DCGアニメーションの金字塔」として今後語られるであろう作品です。そして主題歌となる “人間ビデオ” は、ゼロ年代を代表する名作『GANTZ』へのぼくなりのトリビュートであり、原作で描かれた人類のいじましさ、業のようなものをテーマとしています。どうぞおたのしみに。

「GANTZ:O」キャスト
加藤勝:小野大輔山咲杏:M・A・O西丈一郎:郭智博レイカ:早見沙織鈴木良一:池田秀一ぬらりひょん:津嘉山正種木村進:小野坂昌也平参平:津田健次郎原哲男:小川輝晃アナウンサー:吉田尚記玄野計:梶裕貴

(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

最終更新:8月3日(水)22時0分

コミックナタリー