ここから本文です

鉄道映画特集で高倉健「駅 STATION」、渥美清「喜劇 急行列車」など13本上映

映画ナタリー 8月3日(水)22時35分配信

鉄道が印象的に登場する映画を集めた特集上映「鉄道映画コレクション」が、8月6日から26日にかけて東京・神保町シアターにて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、鉄道のビジュアル大百科「週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇」の刊行を記念して行われる特集上映。高倉健と降旗康男がタッグを組み、不器用な1人の男の歩みを描いた「駅 STATION」、渥美清が特急列車のベテラン車掌に扮したシリーズの第1作「喜劇 急行列車」などがスクリーンにかけられる。ほかに山田洋次によるロードムービー「家族」、日本を代表するドキュメンタリー監督・土本典昭が手がけた「ある機関助士」、松本清張の推理小説を原作にした「点と線」、若杉光夫による青春ドラマ「太陽が大好き」など全13本がラインナップに並ぶ。

「ある機関助士」「太陽が大好き」以外すべて35mmで上映。スケジュールなどの詳細は公式サイト確認を。

鉄道映画コレクション
2016年8月6日(土)~26日(金)東京都 神保町シアター<上映作品>「駅 STATION」「喜劇 急行列車」「家族」「ある機関助士」「点と線」「太陽が大好き」「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」「男はつらいよ 望郷篇」「泥だらけの純情」ほか料金:一般 1200円 / シニア 1000円 / 学生 800円

最終更新:8月3日(水)22時35分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。