ここから本文です

広島・九里、味方打線の援護に応えられず「何も言い訳にならない」

デイリースポーツ 8月3日(水)23時0分配信

 「ヤクルト6-4広島」(3日、神宮球場)

 広島の先発・九里亜蓮投手(24)が六回途中、4安打4失点(自責3)で降板。味方打線から再三援護を受けたが守り切れず、今季2勝目をつかめなかった。

 1点リードの二回、西田に同点ソロを被弾。三回は先頭の小川に左中間へ二塁打を放たれると、2四球で2死満塁とし、バレンティンに詰まりながらも右前に運ばれ2点を失った。

 再び1点を勝ち越した直後の六回。バレンティンを左翼線二塁打で出すと、西田の三ゴロを安部が悪送球。無死一、三塁とし、今度は九里自身が西浦の打球をはじき、同点とされた時点で交代が告げられた。

 「みんなが取ってくれた点を逆転されて申し訳ない。しっかりと抑えないといけなかった。何も言い訳にならない」と反省の言葉を口にした。

最終更新:8月3日(水)23時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。