ここから本文です

東京五輪、野球の被災地開催を検討へ

デイリースポーツ 8月4日(木)5時57分配信

 国際オリンピック委員会(IOC)の総会が3日、リオデジャネイロで行われ、4年後に開催を控える20年東京五輪での追加種目5競技18種目が決定した。野球、ソフトボールが08年北京五輪以来となる競技復帰。日本発祥の空手、若者に人気のあるスポーツクライミング、サーフィン、スケートボードが新たに採用された。提案は満場一致で採択された。決定後に記者会見に臨んだ大会組織委員会の森喜朗会長は、野球についてかねて要望がある東日本大震災の被災地での開催について検討に入る意向を示した。

 森会長は「これまではどうするこうするは慎重に対応してきたが、決まれば被災地での開催も考えていかないといけない。IOCとも話し合っていく」。前日に調整委員長を務めるIOCのコーツ副会長と対面。「『ポジティブに考えていく』という発言があった」と、明かした。

最終更新:8月4日(木)6時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)