ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、7回途中3失点で3敗目も指揮官は評価「進歩している」

ISM 8月3日(水)16時28分配信

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地2日、敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に先発登板。6回1/3を6安打、1四球、9三振、3失点の内容で、今季3敗目(2勝)を喫した。レンジャーズは1対5で敗戦。

 ダルビッシュは4回までオリオールズ打線を無得点に抑えるも、5回に先頭の指名打者ペドロ・アルバレスに14号ソロを打たれて先制点を献上。続く6回にも一発を浴びて1点を失うと、7回には1死走者なしから再びアルバレスに15号ソロを許し、3点目を失ったところで降板となった。

 レンジャーズのジェフ・バニスター監督は、「個人的には、彼の投球、打者へ向かう姿勢、ストライクゾーンへの攻め方は進歩していると思っている」とコメント。また、前日のトレードでレンジャーズに加入したジョナサン・ルクロイ捕手は、「彼は勝つチャンスを与えてくれていた。相手が少し上回っただけ」と話した。(STATS-AP)

最終更新:8月3日(水)16時28分

ISM

スポーツナビ 野球情報