ここから本文です

鈴木浩介、『刑事7人』さらば、永沢 最後のメッセージ動画

オリコン 8月3日(水)5時0分配信

 メインキャストの一人、鈴木浩介演じる警視庁捜査一課12係の刑事・永沢が殉職してしまう“まさかの事態”から始まる、きょう3日放送のテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。オリコン芸能ニュースでは、鈴木による最後のメッセージ動画を配信中。「永沢がいなくなったことで、みんながどう力を合わせ、事件を解決していくかが一番の見どころだと思います」とアピールしている。

『刑事7人』鈴木浩介のコメント動画

 永沢が死体となって見つかった。不慮の事故なのか、それとも仕組まれた罠なのか。主人公の天樹(東山紀之)は遺品から、永沢が仲間に向けたダイイングメッセイージに気付く。

 昨年7月期の第1シーズンからレギュラー出演していた鈴木は「まさか永沢が途中で死ぬことになるとは…まったく予想もしていませんでした」と無念さをにじませた。東山との共演を振り返り、「“物語をとことん追求していく姿勢”は本当に勉強になりました。こういう現場を拝見できたことは、僕にとって間違いなく、これからの財産になると思います」と真面目に語った鈴木。現場では東山に「たくさんいじっていただいた」と感謝していた。

 「7月クールは1年で一番と言っていいほど大変な撮影の時期。東山さんをはじめ仲間の皆さんには、くれぐれもお体に気をつけて、最後まで駆け抜けていただきたいな、と願うばかりです」と仲間にエールを送り、現場を後にした。

最終更新:8月3日(水)13時3分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。