ここから本文です

広瀬すず&山崎賢人、半年間の楽器猛特訓 共演者も腕前絶賛

オリコン 8月3日(水)19時51分配信

 女優の広瀬すず、俳優の山崎賢人らが3日、都内で行われた映画『四月は君の嘘』(9月10日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。それぞれが演じる役柄のために半年間、楽器演奏の猛特訓に励んだという2人は、ひと足早く鑑賞するファンを前に役作りの苦労を明かした。

【写真】雰囲気違う? 大人っぽい花柄ワンピ姿の広瀬すず

 同作は 月刊『少年マガジン』(講談社)で連載された新川直司氏による同名コミックが原作。過去に秘密を持つ自由奔放なヴァイオリニストと、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまった元天才ピアニスト。2人の音楽家が奏でる切ないラブストーリー。

 個性派ヴァイオリニスト・宮園かをりを演じた広瀬は「ゼロからのスタートだったのでかなり大変でした。楽器をやったことがなくて、全部細かく練習しました」と回顧。練習は「1日平均2時間、長くて4時間」にも及び「それを皆さんに観てもらう日が来たと思ったらソワソワします」と感慨深げに語った。

 母の死を境にピアノが弾けなくなってしまった元天才ピアニスト・有馬公生役の山崎も「僕も一からピアノをやらせていただいた。基本から入りまして、すごく練習しました」と笑顔。繊細な心情が描かれるキャラクターとあって「感情だったり、色んな物をピアノで表現しました」と話した。

 舞台あいさつにはそのほか、石井杏奈、中川大志、新城毅彦監督が出席。撮影時に観客席で2人の演奏を聞いた中川と石井は「本当にすごかった」と口をそろえて絶賛した。

最終更新:8月3日(水)19時55分

オリコン