ここから本文です

『ソードアート・オンライン』ハリウッドで実写ドラマ化

オリコン 8月3日(水)13時11分配信

 川原礫氏による人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』(電撃文庫)が米ハリウッドで実写テレビドラマ化されることが3日、わかった。同シリーズ初の実写化プロジェクトとなる。

【画像】劇場版アニメ…ビジュアル&PVカット公開

 今回実写化を手がけるのは米国の多角的メディア企業であるスカイダンス・メディア。これまで映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(同)など数々のハリウッド作品を製作している。パイロット版エピソードの脚本を『アバター』(09年)『シャッター アイランド』(10年)などを手がけたレータ・カログリディス氏が担当し、原作にならったストーリー展開となることも決定した。

 原作者の川原氏はコメントで「ハリウッドで実写ドラマ化、しかもあのスカイダンスによって…という思いがけない展開にとても興奮し、また感動しています。映像を見られる日が楽しみで仕方ありません」と今回のプロジェクトに大きな期待を寄せている。また、スカイダンス・メディアのデイビット・エリソンCEOは「『ソードアート・オンライン』は、壮大なポップカルチャー現象となることでしょう。世界中のファンに敬意を表し、真に感動的な新しい『ソードアート・オンライン』の世界を創り上げていくことを楽しみにしています」と意気込みを語った。

 同シリーズは09年より刊行され、これまでに全世界での累計発行部数が1900万部を突破。VR(仮想現実)の世界を舞台にした次世代オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」で繰り広げられる主人公・キリトとヒロイン・アスナの活躍を描く。12年、14年にテレビアニメ版が放送され、17年春には川原氏書き下ろしによるオリジナルストーリーのアニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』が公開予定。

最終更新:8月3日(水)13時35分

オリコン