ここから本文です

【GOLF】P.ローリー主宰のマッチプレー大会が開幕 ライダーC候補に注目

ISM 8月3日(水)12時6分配信

 欧州ツアーのアバディーン・アセット・マネジメント ポール・ローリー マッチプレーが現地時間4日、スコットランドのアーチャーフィールドで開幕。4日間にわたるマッチプレー大会でトッププレーヤーたちがしのぎを削る。

 1999年全英オープン覇者でツアー通算8勝を誇るポール・ローリー(スコットランド)がホストを務める今大会は、計64名のトッププレーヤーたちが1対1のノックアウト方式でトロフィを争う。記念すべき第1回大会となった昨年は、決勝でキラデク・アフィバーンラト(タイ)が、ロバート・カールソン(スウェーデン)を最終ホールのバーディで下して初代王者に輝いた。

 ディフェンディング・チャンピオンのアフィバーンラトは出場しないが、優勝候補は9月に開催されるライダーカップ(9月30日~10月2日/米ミネソタ州ヘーゼルティン・ナショナルGC)の欧州チーム入りを目指すクリス・ウッド(英)とマシュー・フィッツパトリック(英)。5月のBMW PGA選手権を制したツアー3勝のウッドは、1回戦でブレット・ランフォード(豪)と激突。今季1勝の21歳であるフィッツパトリックは、初戦でデンマークの実力者トーマス・ビヨーンと対戦する。

 その他にも、ツアー通算5勝を誇るアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)、地元での戴冠を目指すリッチー・ラムゼイ、昨季4位のマーク・ウォーレン(スコットランド)、ツアー350試合以上の出場を誇るベテランのミッコ・イロネン(フィンランド)、ツアー3勝のパブロ・ララサバル(スペイン)らがフィールド入りしている。

最終更新:8月3日(水)12時22分

ISM