ここから本文です

<北朝鮮>市場経済の拡大はどのような社会変化をもたらしたか(6) 配給制による人民統制が弱体化~内部映像を材料に考える~ 石丸次郎

アジアプレス・ネットワーク 8/3(水) 16:22配信 (有料記事)

5 市場経済拡大による社会変化

市場経済拡大による社会変化
市場経済の急速な拡大によって北朝鮮社会の仕組みは大きく変化することになった。人々の意識も変わった。北朝鮮政権の国民統制が、世界で類例を探すのが困難なほど厳重であることは知られているが、この統制システムも揺らぎが出ている。

5-1 カロリー支配=「糧政」の終焉
食糧の個人の売買を禁じ国家が一手に独占管理する配給制度は、「糧政」と呼ばれていたことは述べた。これは要するに「食わせてやるから言うことをきけ」というシステムだ。

2016年1月時点で、国家による食糧配給が辛うじて維持されているのは、優良国営鉱山や軍需工場などの労働者、軍人、公安機関、党や行政の官僚、平壌市民など、政権が優待することで統制を維持したい対象だけである。この「優先配給対象」は北朝鮮国民の20-30%程度だと筆者は推測している。その他の人々は、市場活動で自力で現金を調達することを主として生計を立てている。※2

「糧政」が破綻することで現れたのは、職場離脱であった。仕事に出ても生活できるだけの配給も給料も出ないのだから、人々は、外で何らかの商行為をするか労働力を売って現金や食糧を得なければならない。

先に鉄道労働者の公定給与について触れたが、行政、党の役人、警官、教員なども同程度で、市場でトウモロコシが1キロ買えるかどうかという水準なのである。彼ら公共の仕事に携わる労働者たちも、現金収入を得るためには市場で活動するか、もしくは賄賂、横領などの不正に手を染めるしかないのが現実である...本文:4,434文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/3(水) 16:43

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。