ここから本文です

折り紙で描いた富士山など100点

山梨日日新聞 8月3日(水)10時20分配信

甲府文庫連絡会が作品展

 甲府文庫連絡会(浅川玲子代表)は7日まで、甲府市立図書館で「一枚の紙から広がる夢の折紙展」を開いている=写真。
 会員約20人の作品約100点を展示。青や緑など約2千枚の折り紙を使って共同で制作した大作「富士山とリニア」のほか、「おやゆびひめ」「はなさかじいさん」「かさじぞう」などの物語や絵本の場面を表現した作品が並ぶ。
 甲府・湯田小2年の山本一真君は「一つ一つが細かく丁寧にできていてすごい」と感想。浅川代表は「折り紙の魅力を多くの人に感じてほしい」と話していた。
 午前10時~午後5時(最終日は同3時まで)。テーマが日替わりの折り紙教室(無料)も開いている。

最終更新:8月3日(水)10時20分

山梨日日新聞