ここから本文です

「ON 異常犯罪捜査官」“ハルヨコ“が新事実を解明!? 事態の急変に「衝撃強すぎて」「次回の展開が読めない」

E-TALENTBANK 8/3(水) 11:30配信

2日(火)にフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の第4話が放送された。

同ドラマは、警察学校を優秀な成績で卒業し刑事部に配属された新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)が、数々の異常犯罪に立ち向かう……というストーリー。比奈子は、遺体や事件に直面すると怖気づくことなく「興味深い」と発する。先輩にあたる東海林泰久(横山裕)は殺人犯に興味を持つ比奈子に違和感を抱き始め、精神科医の中島保(林遣都)は比奈子の異常性に完全に気付くことになる。

第3話では比奈子が犯人に誘拐され絶体絶命の窮地に追い込まれてしまう。視聴者からは「がんばれ、東海林先輩。比奈子を助けて」などの声援が集まり、ハラハラとした展開が繰り広げられていた。

昨晩放送の第4話は犯人と比奈子の激しい戦闘が始まる。そして比奈子の“禁断のスイッチ”が入りかけたその瞬間、東海林と中島が現場にかけつけ比奈子は無事に救出。ギリギリのところで犯人を捕らえ、大事には至らなかった。ここで一件落着かと思いきや、間髪をいれずに新たな事件が訪れる。“ハルヨコ”コンビで捜査を行っていくと、事態は急変。連続殺人の真犯人の影がうっすらと浮かび上がってくるのである。

視聴者からは「めっちゃドキドキしたしハラハラした」「回想シーンは返り血を浴びた東海林先輩が恐ろしくも美しかった」「衝撃強すぎて夜中にガクガクブルブルなった」「次回の展開が読めない!続きが早くみたい!」などとドラマの急展開に反響の声が集まっていた。

明らかになった衝撃の事実を、比奈子はどう受け止めていくのか。さらに、第4話では比奈子の異常性だけでなく、東海林や中島の闇深い心情の部分が明らかになる。それが今後の展開にどのような影響を与えていくのかを注目していきたい。

最終更新:8/3(水) 11:30

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]