ここから本文です

YouTubeマスターになるために知っておきたい10個の小技

ギズモード・ジャパン 8月3日(水)12時10分配信

みなさん楽しくYouTubeingしてますか?

「YouTube」といえば、とりあえず動画を再生して気まぐれにチャンネル登録したりプレイリストを作ったりするだけのアプリ、なんて個人的に思っていました。しかし!YouTubeにはあまり知られていない便利機能がたくさんあるみたいです。一歩先行くYouTubeingライフを実現するために、知っておきたいことを10個にまとめました。

1. TV用のインターフェースで観る

YouTubeには大画面用のインターフェースがあります。タッチスクリーンで操作しやすい仕様になっているだけでなく、ショートカットキーも充実(Escキーを押すと戻る、Sを押すと新規検索など)。

ちなみにこのインターフェースはもともと「leanback(後ろにもたれた)」と呼ばれていたそう。その名の通りソファにもたれてのんびりしながら操作するのにぴったりです。

2. キーボードショートカットを使う

TV用ではない通常のYouTubeでも、便利に使えるショートカットキーがたくさんあります。スペースキーで動画の一時停止、HomeキーとEndキーで動画の初めと終わりに移動できます(Macの場合はfnキー+左矢印と、fnキー+右矢印)。

また、数字キーを使えば10パーセント単位で再生位置を移動させることも可能(例えば5を押すと動画が真ん中から再生)。動画の早送りは左矢印、巻き戻しは右矢印を使います。

3. アルバムを全曲聞く

「アーティストの名前」に「トピック(もしくはtopic)」と付けくわえて検索すると、アーティストのトピックページが表示されます(アーティストによってはない場合もあるので注意!)。トピックページではアルバム毎に動画が分類されているので、アップロードされていればアルバムを曲順に再生できます。画像はMates of Stateのトピックページ、ほかにもBeyonceやREMのトピックページが見つかりましたよ。

4. モバイルデバイスでのデータ使用量を節約する

通信量の制限を超えてしまわないよう、wi-fi通信時のみ高画質で視聴できるよう設定を変更しておきましょう。AndroidのYouTubeアプリでは、設定画面の「全般」から「モバイルデータの上限設定を」をオンに、iOSアプリの場合は設定画面から「Wi-Fiの時のみHD再生」を選択します。

また、YouTubeでは基本的にいつも最高画質で再生されますが、メニューボタン(3つのドットが縦に並んだアイコン)から左端の歯車アイコンをクリックすれば、動画毎に画質を選択することができますよ!

1/2ページ

最終更新:8月3日(水)12時10分

ギズモード・ジャパン