ここから本文です

[移籍]エヴァートン、2部降格のアストン・ヴィラからセネガル代表MFグイェを獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(水)7時50分配信

プレイスタイルがプレミアリーグに合っている

エヴァートンは2日、イングランドの2部へ降格したアストン・ヴィラからセネガル代表MFイドリッサ・グイェを獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月末までの4年で、背番号は「17」となっている。

現在26歳のグイェは、アーセナルなどで活躍したパトリック・ヴィエラらが2000年にセネガルで設立したディアンバーズFC出身。2008年にリールのセカンドチームへ移籍すると、2010年にトップチームへの昇格を果たし、5シーズンでリーグ戦134試合に出場している。そして昨季は、マンチェスター・シティへ移籍したイングランド代表MFファビアン・デルフの後釜としてアストン・ヴィラへ加入。同クラブでは、プレミアリーグ35試合に出場したが、残留争いに勝つことができなかった。

そんなグイェは、クラブの公式サイトを通じて「エヴァートンは優秀な選手とすばらしいファンがいる偉大なクラブだ。僕はこのクラブに加入できて本当に幸せだよ。昨季過ごしたアストン・ヴィラでは苦しいシーズンになってしまったけど、僕のプレイスタイルがプレミアリーグに合っていることはわかった。エヴァートンの一員として新シーズンを迎えられることに興奮しているよ」と移籍の喜びを語った。

2シーズン連続でリーグ戦を11位で終えてしまったエヴァートン。グイェは、同クラブを3年ぶりにヨーロッパの舞台で戦える順位まで押し上げたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月3日(水)7時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。