ここから本文です

2千台を超える86とBRZが、富士スピードウェイに集結!「Fuji 86 style with BRZ 2016」イベントレポート

オートックワン 8/3(水) 17:00配信

今年で7回目となるトヨタ 86/スバル BRZを中心にしたイベント「Fuji 86 style with BRZ 2016」が、7月31日、富士スピードウェイで開催されました。

SUBARU BRZ GT ギャルズ 2016「BREEZE」の現地フォトも、「Fuji 86 style with BRZ 2016」画像ギャラリー [67枚]

Built by passion , not by committee.(合意ではなく、情熱で作るのだ)をベースとしたスローガンのもとに生まれた「トヨタ 86」と「スバル BRZ」が登場して早くも4年。今年はいよいよ大きなマイナーチェンジを迎えます。

トヨタとスバル、それぞれの強みが生かされて登場したこの二台のクルマは、単純にそれぞれの販売店による味付けの違いで片づけてしまうにはあまりにも強く濃厚なポリシーを込めて作られたクルマであり、単純に片方をベースにもう片方を作った、とは異なる成り立ちのクルマです。

OEM供給も多い昨今、同じ素材を用いつつ見た目も概ね共通のフォルムをまとった二台。改めて見返してみると、なかなか類を見ない成り立ちのクルマであることが分かります。

またそれぞれのブランドの特徴も、それぞれのクルマのセールスのプロセスでは反映されているのかもしれません。身近なトヨタのスポーツカーの「86」、国産車では屈指の、そしてディープな独自の世界観を持つスバルのファミリーの中の「BRZ」。

それぞれのユーザーと、それぞれのコミュニティではぐくまれ、それぞれのファンの特徴にも少し違いがあるように、このイベントでそれぞれのミーティングエリアと呼ばれる駐車場を歩くと感じる事ができるのです。

さらにトヨタ86ではそのイメージの始祖でもある「AE86」をはじめとしたレビン/トレノでの来場者へ、専用のミーティングエリアも用意されていました。時代を超えたスポーツカースピリットが、富士スピードウェイに集結したのです。

パレードランやドリフトなどサーキットでのプログラムももちろんのこと、イベントステージでは愛車自慢やトークショーなど、オーナーやこれから購入を検討している人など、参加者全員が楽しめる企画が盛りだくさんの一日となりました。

またイベントステージでは「86シューティングブレーク」も披露され、多くの来場者が足を止めて見入っていました。

1/3ページ

最終更新:8/3(水) 17:00

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。