ここから本文です

特殊詐欺アウト! 八名信夫さん一喝 岡山県が注意喚起CM制作

山陽新聞デジタル 8月3日(水)12時32分配信

 電話で高齢者らを唆し現金をだまし取る特殊詐欺の撲滅に向け、岡山県は、岡山市出身の俳優八名信夫さんが注意を喚起するCMを制作した。テレビや映画館などで6日から順次放映する。

 CM(15秒)は特殊詐欺の手口にちなみ、受話器を手に「還付金」を受け取れることを喜んだり、現金を宅配便で送ろうとする高齢者が登場。野球の審判員に扮(ふん)した八名さんが、それぞれ「アウト!」と一喝し、「電話でお金の話が出たら、188(消費者ホットライン)へまず相談」と呼び掛けている。

 テレビのCMは6日から12月9日まで、民放5局で4期に分けて計92回県内向けに放送し、倉敷市の大型商業施設内の映画館でも9月17日から約1カ月間上映する。動画投稿サイト「ユーチューブ」でも視聴できる。

 CMの制作は、県が3日に発表した。県と県警が梶谷食品(本部・倉敷市中庄)と連携し、同社のロングセラー商品「シガーフライ」のパッケージに特殊詐欺の被害防止メッセージを入れて9月19日から発売する予定も明らかにした。

 県警によると、県内の今年上半期の特殊詐欺被害は91件1億3650万円。

最終更新:8月3日(水)12時32分

山陽新聞デジタル