ここから本文です

平和への願い込めて 「平和の火」をつなぐリレー/富山

チューリップテレビ 8/3(水) 9:56配信

 平和への願いをつないで走る『反核・平和の火リレー』が県内でも2日から始まり、参加した自治体の職員らが平和の尊さを県民に呼びかけました。
 このリレーは、自治体職員でつくる労働組合の関係者が毎年この時期に全国各地で行っているものです。
 このうち県内では、今年は250人のランナーが参加し、朝日町役場を皮切りにリレーを始めました。

 「平和へのぼくらの思いが広島の方に届けばいいなと思って走りました」(ランナー)

 初日の2日は、朝日町から上市町まで6つの自治体をリレーし、このうち魚津市役所で開かれた集会では、平和への思いについてスピーチが行われ、次のランナーに平和の火が移されました。
 この反核・平和の火リレーは、2日から4日間かけて行われ、ゴールとなる小矢部市役所まで平和の火と平和への思いをつなぐことになります。

チューリップテレビ

最終更新:8/3(水) 9:56

チューリップテレビ