ここから本文です

ビアホールの老舗、長期休業から今日再開へ

ニュースイッチ 8月3日(水)8時48分配信

サッポロライオンが銀座に「楽しく飲むビアホール文化を発信したい」

 サッポロライオン(東京都中央区、刀根義明社長)は、東京・銀座に「銀座ライオン GINZA PLACE店」を、3日にオープンする。4丁目交差点の入居ビルの建て替えに伴い、2014年3月から長期休業していた旗艦店舗。新店は地下1―2階の2フロアで席数は合計245席、面積は約477平方メートル。地下1階は気軽に立ち寄れるブラッスリースタイルの飲食店。同2階はビアホールとして営業する。

 地下1階は月替わりで、小規模醸造のクラフトビールやプレミアムコーヒー、同2階は特設の1000リットルタンクによる「サッポロ黒ラベル」生ビールを提供する。刀根義明社長は「恵まれた立地を生かし、楽しく飲むビアホール文化を発信したい」と述べた。

最終更新:8月3日(水)8時48分

ニュースイッチ