ここから本文です

カネムラエコワークス、ASR再資源化施設認定を再取得 月間処理能力1500トンに引上げ

日刊産業新聞 8月3日(水)12時12分配信

 熊本県のシュレッダー業者大手であるカネムラエコワークス(本社=熊本県宇土市、金村康平社長)は7月、ASR(自動車シュレッダーダスト)再資源化施設の環境・経済産業大臣認定を取得した。同社はかつて大臣認定を取得していたが、いったん返上し再取得した。ASRに含まれる金属類の回収に加えて、セメントメーカー向け原燃料や鉄鋼メーカー向け固形燃料などを製造する。月間処理能力は近く1500トンまで引き上げる計画だ。

最終更新:8月3日(水)12時12分

日刊産業新聞