ここから本文です

名古屋がシード校の秀明八千代を下して16強 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月3日(水)8時0分配信

第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の初日は、男女団体の1、2回戦が安来会場と松江会場で行われ、ベスト16が出揃った。

選抜Vの野田学園が春夏連覇へ好発進[中国インターハイ・女子団体]

 男子は地元の島根県から松江北が1回戦に登場したが、城南(徳島)を相手に0勝3敗の完敗に終わった。3試合でわずか2ゲームしか奪えず、エースで新主将の吉岡尚志は「雰囲気にのみ込まれてしまった」と肩を落とした。それでも「貴重な経験になった。来年もまた出たい」と前を向いた。

 島根県からはもう1校、開星が6年連続7回目の出場を果たしたが、初戦の2回戦で静岡市立(静岡)に1勝2敗で敗れた。

 男子唯一の初出場校、同志社国際(京都)は1回戦で青森西(青森)を3勝0敗のストレートで下したが、2回戦で中国地区王者の岡山理大附(岡山)と接戦を演じたものの1勝2敗で敗れ、ベスト16入りはならなかった。

 上位シード4校は2回戦から登場。第1シードの湘南工大附(神奈川)、第2シードの柳川(福岡)、そして相生学院(兵庫)はすべて3勝0敗で勝利したが、秀明八千代(千葉)は名古屋(愛知)に0勝3敗。初戦で姿を消した。

 名古屋は川島颯/大窪広海のダブルスを8-4で先取すると、続くS1対決で酒井来征が宮本大勢をタイブレークの末に退けて勝利を決めた。1年生のS2高羽蓮も8-2で一気の3連勝。「楽しんでやろうと思った。最後のフィニッシュの部分を決めることができた」とチームの勝利を決めた酒井が満面の笑みを見せた。

「あっという間だった。(名古屋は)チャレンジャーのつもりでぶつかってきたが、そこで堅くなってしまったかもしれない」と秀明八千代の渡邉裕輝主将。県大会で4年ぶり2度目の優勝を果たし、その勢いで関東大会も悲願の初優勝をつかんだが、インターハイでは4年前に続いて1回戦敗退に終わった。

 大会2日目となる8月3日は男女団体の3回戦、準々決勝が松江会場で行われる。3回戦は8ゲームマッチで、準々決勝から3セットマッチとなる。試合開始時間は9時の予定。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月3日(水)8時0分

THE TENNIS DAILY