ここから本文です

27時間テレビでも披露!ナオト・インティライミ、好きが高じて“勝手に”書き下ろして送ってみた曲が大反響。ランキング1位に輝く

E-TALENTBANK 8月3日(水)17時30分配信

ナオト・インティライミ「Overflows~言葉にできなくて~」が、「レコチョクランキング」の2016年7月度1位を獲得した。

この楽曲は、ナオト自身が好きだったフジテレビ系人気バラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」の人気コーナー「胸キュンスカッと」にインスパイアされ、“勝手に”書き下ろした楽曲を番組に送ってみたところ、テーマソングとして起用されてしまったという楽曲だ。

タイトル未定のまま4月に番組でオンエアされると、SNS等で大反響となり、 多くのリリースを希望する声を受けて18枚目のシングルとして発売が決定した。

この楽曲は7月6日(水)より配信を開始、レコチョクデイリーランキングでは6日間連続で1位を獲得し、7月13日(水)発表の週間ランキングで1位を獲得。その後も7月は週間ランキングで連続4位をキープし、7月度に最もダウンロードされた楽曲となった。

また、「アルバムランキング」は、西野カナ『Just LOVE』が2016年7月度の1位を獲得した。この作品は西野カナ通算6枚目となるオリジナルアルバムで、社会現象ともなったロングヒットシングル「トリセツ」、今年「第88回選抜高校野球大会」の入場行進曲として話題となった「もしも運命の人がいるのなら」、「ビタミン炭酸MATCH」CMソング「あなたの好きなところ」など数々のヒットシングルをはじめ、 映画「高台家の人々」主題歌「You & Me」、フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソングとして今年4月からオンエア中の「Have a nice day」など全15曲を収録している。

7月13日(水)の配信開始と同時に4日間連続1位を獲得。複数のTV音楽番組や夏の音楽特番への出演・歌唱も受けて、6位以内をキープ、7月20日(水)、7月27日(水)発表の週間ランキングで連続1位を獲得し、2016年7月度の月間ランキングで首位を飾った。

最終更新:8月3日(水)17時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。