ここから本文です

インターハイ2日目、名古屋(愛知)は1年生高羽蓮の活躍で8強<男子テニス>

tennis365.net 8月3日(水)12時47分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座をかけたインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)は競技2日目の3日、男子団体の3回戦が松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で行われ、名古屋(愛知)が日大山形(山形)を2-1で下し、ベスト8進出を果たした。

インターハイ男子団体対戦表

大会初日の2回戦でシード校の秀明八千代(千葉)を破ってベスト16入りした名古屋。この日はダブルスで先勝するも、シングルス1を落として1-1に。

チームの命運は、シングルス2の1年生である高羽蓮に委ねられ、プレッシャーのかかる状況で、同じく1年生の五味一貴を寄せ付けずに8-2で下し、名古屋のベスト8へ導いた。

準々決勝では清風(大阪)と対戦する。

【名古屋(愛知)vs日大山形(山形)】

[ダブルス1]
川島颯/ 大窪広海 8-4 西塚功亮/ 工藤隆輝

[シングルス1]
酒井来征 5-8 熊坂拓哉

[シングルス2]
高羽蓮 8-2 五味一貴

団体戦は2日から4日にかけて松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)と安来運動公園庭球場(島根県/安来市、砂入り人工芝)で開催される。

団体戦は各都道府県から1校、東京都、神奈川県、大阪府、そして開催地である島根県から各2校の合計51校が出場。

各校5名を選手登録し、ダブルス1試合とシングルス2試合の計3試合で争われ、2勝した高校の勝利となる。なお、1度の対戦でダブルスとシングルスに重複して出場することは出来ない。

また1-3回戦は8ゲームズプロセット、以降は3セットマッチで各試合が行われる。

昨年の団体戦男子決勝では西宮甲英(兵庫県)が清風(大阪府)を下し初優勝の快挙、女子団体決勝では相生学院(兵庫県)が京都外大西(京都府)を下して高校日本一となった。

昨年度の3年生が引退後に行われた今年3月の第38回全国選抜高校テニス大会で、男子は湘南工科大付(神奈川県)が柳川(福岡県)を下し優勝、女子は野田学園(山口県)が椙山学園(愛知県)を下して優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8月3日(水)13時24分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。