ここから本文です

極楽山本、“寺での修行逃亡”の真相は? ロンブー淳は「俺は全部知っている」

トレンドニュース(GYAO) 8月3日(水)17時7分配信

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が“山奥の寺での1年間の修行”を途中で断念した裏に、さまざまな事情があったことをにおわせた。

山本の10年ぶりの地上波テレビ復帰となった7月30日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!夏休み宿題スペシャル」では、彼が「寺での1年間の修行」を多くの関係者に約束していたにも関わらず、3カ月で下山した件についても追及された。よゐこ・濱口優から「寺に入って途中で下りたのは何で?」、ナインティナイン・岡村隆史から「下りたらあかんかったと思う」と追及されると、山本は「そんなんじゃなしに……。10年間、長かったんですよ」と返して、具体的な下山の理由についてはにごした。

山本を慕い「めちゃイケ」でも号泣していた田村は、8月2日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」で意味深長な発言をしている。田村は事務所から「今は会わない方がいい」と言われても、表舞台を離れた山本の側を離れず、なんと問題の寺も訪れたという。田村は「お寺を下りたみたいになってるじゃん。俺が言うとアレだけど、下山にもいろんな理由があって……。俺は全部知っているから」と語る。

「山本さんも『めちゃイケ』のあの場に連れて行かれたら、反省はしないといけないけど、すべて語れないじゃん。言い訳になるから。その部分も含めて、『言いたいことも言えないよね。でもこういう場所があるのはありがたい』って泣くしかできなかった」と話し、山本の10年間にはまだ語られていない多くの事情があることをにおわせた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:8月3日(水)17時7分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。