ここから本文です

若槻千夏、芸能活動休止の理由は「テレビが怖くなった、嫌いになった」

トレンドニュース(GYAO) 8/3(水) 17:13配信

タレントの若槻千夏が、芸能活動を休止した理由を「テレビが嫌いになった」からだと告白。おバカキャラでブレークしていた当時の胸の内を赤裸々に明かした。

若槻は8月2日放送の日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」の「芸能人の家呑み」企画に出演した。今年約4年ぶりに芸能界に復帰した若槻に対して、お笑い芸人のいとうあさこは「戻ろうと決めたのは急ですか?」と質問をぶつける。すると若槻は「ずっとテレビをもう1回やりたいと思っていた。休んだ理由は、テレビがちょっと怖くなったから」と告白した。

かつてクイズ番組の流行もあり、おバカキャラのブームが起きていた。その中で若槻は、「求められることが多くて、自分の器が満杯になっちゃった。何したらいいんだろう」という思いにとらわれてしまったのだという。「テレビが嫌いになって休んだ、みたいな。テレビから逃げた」と当時を振り返った。

芸能活動休止中はアパレル業やキャラクターのプロデュースを行ったが、「『こういうことをやりたい、作りたい』って、人に伝える、おしゃべりするのが結局仕事だった自分がいた」という気づきを得た。若槻は「もう1回やりたいと思って戻ったときに、テレビがめっちゃ楽しめた。今はすごく楽しい」と語っている。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:8/3(水) 17:13

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]