ここから本文です

大会2日目、男子団体3回戦結果 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8/3(水) 13:04配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の2日目、8月3日は男女団体3回戦、準々決勝が行われている。

大会2日目、女子団体3回戦、準々決勝予定 [中国インターハイ]

「団体戦」は、単2本+複1本の合計3ポイント(試合順D1→S1→S2)で争われ、1~3回戦は8ゲームズプロセット(8-8後、タイブレーク採用)、準々決勝以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。初戦は3ポイントすべて行われ、以降は勝敗が決定した時点で打切りとなる。

「個人戦」は、単複ともにトーナメントで、シングルスは4回戦まで、ダブルスは準々決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。

*団体・個人とも天候などの理由により、試合方法が変更される場合あります。
*コート番号は予定で、試合進行により変更される場合があります。

     ◇   ◇   ◇

【男子団体3回戦】※校名の左に付いている数字はドロー番号

1湘南工大附(神奈川)2-0 5静岡市立(静岡)
D ○松田康希/高橋和宏 8-3 ●片山 樹/植村 裕
S1 ○野口莉央 8-5 ●大塚真樹
S2 萩野颯太 打切り 田中諒弥

9共愛学園(群馬)1-2 12岡山理大附(岡山)
D ○吉井 雅/中村晟央 8-4 ●橋本翔弥/守時慶悟
S1 ●窪田 緑 4-8 ○岡垣光祐
S2 ●青木 源 6-8 ○星木 昇

13清風(大阪)2-0 19松商学園(長野)
D ○小清水拓生/田口魁大 8-5 ●河内竜汰/遠藤弘太郎
S1 ○今村昌倫 8-6 ●南 翔太
S2 五味駿一 打切り 佐藤悠樹

21日大山形(山形)1-2 23名古屋(愛知)
D ●西塚功亮/工藤隆輝 4-8 ○川島 颯/大窪広海
S1 ○熊坂拓哉 8-5 ●酒井来征
S2 ●五味一貴 2-8 ○高羽 蓮

26相生学院(兵庫)2-0 29秀明英光(埼玉)
D ○大野 翼/金子拓矢 8-0 ●沼口雅樹/平林拓海
S1 ○大島立暉 8-5 ●田中優之介
S2 阿多竜也 4-2 打切り 田中隆輔

35東京学館新潟(新潟)0-2 38大成(東京)
D ●中村公宣/池田笑生 2-8 ○坂野 唯/ディサナヤカ玲生
S1 ●加藤拓巳 4-8 ○田形諒平
S2 田中瑛士 5-2 打切り 武藤洸希

39四日市工(三重)2-0 43履正社(大阪)
D ○小林泰晴/町田 晴 9-8(4) ●福田和雅/松山航大
S1 ○橋川泰典 9-8(6) ●西本光一
S2 白井淳也 打切り 曽川大輔

46崇徳(広島)1-2 51柳川(福岡)
D ●阿部称也/山邉崚平 1-8 ○山中恭兵/坂本曜隆
S1 ○上野浩太郎 8-5 ●山尾玲貴
S2 ●岡崎大倭 6-8 ○樋口廣太郎

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/3(水) 20:52

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。