ここから本文です

【MLB】レッドソックス優勝のカギは田澤純一にあり!「重要な救援」と地元紙絶賛

Full-Count 8月3日(水)13時15分配信

激戦首位争いに勝ち抜くため補強を重ねたが「やっぱりタザワ」!

 3年ぶりのワールドシリーズ優勝を目指し、現在ア・リーグ東地区で熾烈な優勝争いを演じているレッドソックス。オリオールズ、ブルージェイズと3チームが、わずか2ゲーム差の中で、ペナントレース制覇を競っている。

田澤純一のMLB通算成績

 レッドソックスは1日(日本時間2日)のウェーバー手続きを経ないトレード期限を前に、上原浩治をはじめ怪我人が続出したブルペンを中心に補強を敢行。ダイヤモンドバックスから右腕ジグラー、ツインズから右腕アバドを獲得した。さらに、左膝を手術し、長期離脱かと思われた守護神キンブレルが戦列復帰。優勝に向けて戦力が整いつつある中で、地元紙「プロビデンス・ジャーナル」電子版では「レッドソックスで重要な救援投手は、やっぱりジュンイチ・タザワ」と題した記事で、セットアッパー田澤純一の重要性について力説している。

 8年目の生え抜き右腕の田澤は、8月1日現在、今季39試合で登板して2勝1敗、防御率3.22という数字を残している。失点したのは8試合のみ。7月3日(同4日)エンゼルス戦の後で右肩の張りを訴えて故障者リスト(DL)入りしたが、同22日(同23日)ツインズ戦で戦列復帰してからは、4試合(4イニング)連続無失点に抑えている。

DL復帰後は4イニング無失点、決め球スプリットにキレ戻る

 DL入り前は決め球のスプリットが浮いてしまい、バットで捉えられることが多かったが、戦列復帰後はキレを取り戻した。記事では、今月1日(同2日)マリナーズ戦で、8回に勝ち越しの三塁走者を背負いながらも、強打者クルーズをスプリットで三振に仕留めた場面を例に挙げ、「タザワの十八番スプリットが戻った」と絶賛している。記事では「DLから復帰後は、とても状態がよく見える」というファレル監督の田澤評を紹介。一方で、通訳を介して「スプリットがよりいい感じで投げられている」と話した田澤の様子も伝えている。

 レッドソックスが世界一に輝いた2013年、田澤はプレーオフ17戦のうち13戦に登板し、7回1/3を投げて1失点しかしていない。記事では「レッドソックスが10月勝ち進むには、前回同様重要な存在となるはずだ」と、さまざまな経験を持つ右腕に期待を寄せている。また、新加入した左打者のスペシャリストでもあるジグラーを要所に温存するためにも「左右両打者を打ち取れるタザワは貴重」と指摘している。

 決め球スプリットにキレを取り戻した田澤が、持ち前の勝負強さを発揮して、再びチームのワールドシリーズ優勝に貢献できるのか。メジャー屈指のセットアッパーに成長した右腕の活躍に注目したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月3日(水)13時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]