ここから本文です

レアルが47億円でプレミア屈指のセンターハーフ獲得に接近と英紙

theWORLD(ザ・ワールド) 8/3(水) 16:10配信

フランス代表MF確保へ

ユヴェントスのポール・ポグバ獲得レースから撤退したとされるレアル・マドリードが、別のフランス代表MFとの契約に接近している。

1億ユーロを優に超える移籍金を要するポグバとの契約に難色を示したレアルだが、ジネディーヌ・ジダンの求める選手像は引き続き変わらない。今冬よりチームを率いる同監督が必要としているのは中盤を活性化させることのできる貢献性の高いセンターハーフだ。これまでにもポグバ以外にパリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェッラッティやローマのミラレム・ピャニッチ(現ユヴェントス)、そしてチェルシーのネマニャ・マティッチといった面々への関心が報じられてきたが、英『Guardian』は先のユーロ2016で印象的なパフォーマンスを見せたニューカッスルのムサ・シソコがレアル移籍に迫っていると伝えた。レアルは26歳のシソコを獲得すべく、チェルシーとのプレシーズンマッチで芸術ゴールを決めた“怪物FW”マリアーノ・ディアスや、MFマルコス・ジョレンテを期限付きで差し出す覚悟があるようだ。

果たしてジダン率いるレアルは、3500万ポンド(約47億円)を要するとされるシソコとの契約に踏み切るのだろうか。今夏の動向から目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/3(水) 16:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報