ここから本文です

青山/二宮が順延試合を制して初戦突破 [南昌/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月3日(水)19時55分配信

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/8月1~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、第2シードの青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がリー・ヤーシュエン(台湾)/バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(タイ)を7-6(4) 6-3で倒して初戦を突破した。試合時間は1時間29分。

青山修子と二宮真琴がダブルスで今季3勝目 [ITF武漢5万ドル]

 この試合は前日に行われていたが、青山/二宮から7-6(4) 5-3の時点で順延となっていた。

 青山と二宮のコンビは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)と1ヵ月前のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)でグランドスラムに出場し、予選を勝ち上がったウィンブルドンでは2回戦に進出。前週の武漢(ITF5万ドル/ハードコート)では、今季3度目のタイトルを獲得していた。

 二宮はシングルスの予選に出場していたが、1回戦でシュン・ファンイン(中国)に4-6 5-7で敗れていた。

 青山/二宮は準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のSUN,Ziyue/ジュ・ウェイウェン(ともに中国)と対戦する。SUN/ジュは1回戦で、Valentyna IVAKHNENKO/マリナ・メルニコワ(ともにロシア)を6-4 4-6 [13-11]で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月3日(水)19時55分

THE TENNIS DAILY