ここから本文です

レスターの次はエヴァートンがミラクル起こす? エヴァートンが獲得したNewカンテとは

theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(水)16時40分配信

データではカンテにも負けず

昨季のプレミアリーグでは、レスター・シティの中盤でボールを狩り続けたフランス代表MFエンゴロ・カンテに注目が集まった。カンテはレスターの奇跡のリーグ制覇に欠かせない存在だったが、カンテに次ぐNo2と考えられている選手がエヴァートンに加入した。

それはセネガル代表MFイドリッサ・ゲイェだ。ゲイェは昨季までアストン・ヴィラでプレイし、今夏にエヴァートンへの移籍が決まった。ゲイェの特徴はカンテと似ており、中盤での守備に定評がある選手だ。

スタッツで見ても、昨季カンテはリーグ戦37試合に出場して175回のタックル、156回のインターセプトを記録している。これはプレミアリーグトップの数字だった。

それに対してゲイェはカンテより2試合少ない35試合に出場して144回のタックル、141回のインターセプトを記録している。カンテにも負けないだけの数字を記録しており、エヴァートンとしても信頼できる。

英『METRO』もゲイェをNewカンテと呼んでおり、中堅クラブのエヴァートンを昨季のレスター同様に上位まで導けるか注目している。エヴァートンはロメロ・ルカクを筆頭にビッグクラブから狙われている選手が多いが、今夏は新指揮官ロナルド・クーマンも招聘して上位躍進へ向けて市場で積極的な動きを見せている。今季のエヴァートンは新加入のゲイェも含め面白いチームとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月3日(水)16時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]