ここから本文です

ハム大谷翔平が先制タイムリー&好走塁「初回に先制できてよかった」

Full-Count 8/3(水) 18:37配信

一二塁間を破る右前適時打

 日本ハムの大谷翔平投手が3日のロッテ戦(QVCマリン)で先制タイムリー&好走塁を見せた。

「3番・DH」でスタメン出場。初回1死三塁。フルカウントから、左腕・古谷の高めに浮いたチェンジアップを豪快に振り抜いた。見逃せばボール球だったが、一、二塁間を鋭く破る右前適時打。試合開始6分で先制点を奪う速攻だった。

 続く中田の打球は三塁線を鋭く破った。大谷は一塁から大きなストライドを生かして一気に加速。勢いよく本塁へスライディングし、2点目を奪った。

 2日の同カードでは3打数無安打。チームも首位・ソフトバンクと4ゲーム差に広がった。ホークス追撃のキーマンがバットと 足でいきなりチーム貢献した。

 大谷は「打ったのは高めに浮いてきたチェンジアップです。岡さんも先頭で出てくれましたし、ランナーが三塁だったので外野フライを打てればいいなと思って打席に立ちました。初回に先制できてよかったと思います」とコメントしている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/3(水) 18:37

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]