ここから本文です

レアルの超新星マリアーノ獲得を狙うも…… 昇格組レガネスが直面するハードルとは

theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(水)17時10分配信

レガネスを含め複数のクラブが関心

2部から昇格したレガネスは、残留を果たすためにも強力なセンターフォワードの獲得を狙っている。そこでレアル・マドリードの超新星FWマリアーノ・ディアスに興味を抱いているのだが、同選手の獲得は簡単にはいかないようだ。

現在23歳のマリアーノは先日行われたチェルシーとのインターナショナル・チャンピオンズ・カップでトップチームデビューを果たすと、衝撃的なミドルシュートを叩き込み一躍脚光を浴びる存在となった。スペイン『MARCA』はこのゴールがきっかけで複数のクラブがマリアーノ獲得に関心を持ったこと、マリアーノ・ディアスは1シーズン当たりおよそ200万ユーロの給料を支払わなければならないことが、レガネスがマリアーノ・ディアス獲得に向けクリアしなければならない課題だと指摘する。

またジダン監督はマリアーノ・ディアスの将来について、レアル・マドリードでのプレイを続けるのか、ローン移籍で経験を積ませるのか決断を遅らせたい意向だとし、同紙はマリアーノ・ディアスがセビージャとのUEFAスーパーカップにも出場する可能性があると見ている。レアルはマリアーノ・ディアスが成長する最良の方法をまだ模索している段階にあるため、レガネスは身動きがとれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月3日(水)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]