ここから本文です

ハム大谷翔平、右中間席へ14号ソロ 今季5度目猛打賞&3打点の活躍

Full-Count 8/3(水) 22:13配信

「打者・大谷」の進化が止まらない

 日本ハムの大谷翔平投手が3日のロッテ戦(QVCマリン)で2試合ぶりの14号を放った。

 この日は「3番・DH」でスタメン出場。7点リードの9回先頭。2ボール2ストライクから、黒沢の真ん中内寄りに入るスライダーを完璧に捉えた。右中間席へ飛び込む14号ソロでダメ押した。

 初回1死三塁の先制の右前適時打、7回無死一、二塁の右中間適時二塁打と合わせて、今季5度目の猛打賞をマーク。3打点を挙げた。打撃3部門は打率3割5分3厘、14本塁打、39打点。打者・大谷の進化が止まらない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/3(水) 22:15

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています