ここから本文です

4年連続J1残留へ! 甲府に“昇格の立役者”38試合32得点FWが再加入「成功に導いてくれたクラブ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/3(水) 19:20配信

昨季までは鹿島でプレイ

ヴァンフォーレ甲府は3日、FWダヴィが加入することを発表した。

現在32歳のダヴィは2007年にコンサドーレ札幌でJリーグデビューを果たし、その後は名古屋グランパスやカタールのウム・サラル、中国の北京国安を経て2011年シーズンの後半から甲府に加入する。同年は10試合無得点に終わったが、翌年はJ2リーグで38試合に出場して32得点を記録。甲府でのパフォーマンスが評価され、2013年シーズンからは鹿島アントラーズに加入した。

2015年シーズン終了後に鹿島から退団していたダヴィだが、シーズン後半戦から再び甲府に加入することが決定。ダヴィは2回目の甲府加入に際し「ヴァンフォーレ甲府は私をサッカー選手として成功に導いてくれたクラブであり、その甲府で再びプレイできることを嬉しく思います。チームの状況も悪くないと思いますので、攻撃で自分の力を発揮し、今より順位を上げ最大の目標であるJ1残留に貢献したいと思います」と語った。クラブ公式サイトが伝えている。

甲府は今季、20節を終えて16ポイントに留まっていたが、21節からFWドゥドゥが出場可能になると鹿島と名古屋相手に4ポイント奪取。前節は敗れたが、年間順位で15位につけている。再び甲府に加入するダヴィだが、今度は“残留”のために爆発することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/3(水) 19:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]