ここから本文です

日本ハム、17安打10得点で大勝 大谷が猛打賞&ダメ押し14号ソロ

Full-Count 8月3日(水)22時20分配信

首位ソフトバンクとはゲーム差4のまま

 日本ハムは3日のロッテ戦(QVCマリン)で10-2で大勝。しかし、首位・ソフトバンクも勝ったため、4ゲーム差のままとなった。

 2-2で迎えた5回、1死一、三塁から陽岱鋼の中前適時打で勝ち越し。さらに、岡の代打・杉谷の走者一掃の3点三塁打を放った。3安打と敵失に2四球を絡めて4点を奪った。

 7回には無死一、二塁から大谷のこの日2本目のタイムリーとなる右中間適時二塁打。中田にも左前2点打が飛び出した。9回は先頭・大谷が黒沢から2試合ぶりの14号ソロを放ってダメ押した。チームは2試合ぶりの2桁17安打で10得点を奪った。

 先発の吉川は4回途中7安打2失点で降板したものの、榎下、石井、谷元、バース、武田久とつないだ。4日は抑えから先発転向した増井が先発する。球団記録を更新する12カード連続のカード勝ち越しとなるか注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月3日(水)22時20分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]