ここから本文です

2大会連続のメダル獲得へ アジアNo.1の韓国代表FWソン・フンミン「勝つためにリオへ行く」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(水)21時0分配信

オリンピックのメダルを獲得したい

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、オーバーエイジ枠として参加するリオ・オリンピックへの意気込みを語った。

アジアNo.1との呼び声が高いソン・フンミンは、クラブの公式サイトを通じて「プレシーズンはトッテナムのコーチやスタッフたちと楽しく過ごすことができた。でも、今シーズンの開幕戦を欠場することになってしまったんだ。クラブには本当に申し訳ないと思っているよ」と述べた。

そして彼は「僕は今、韓国代表としてリオへ行くこと興奮している。僕にとってオリンピックは初めての経験だ。特別なものになると思う。2012年のロンドンオリンピックを見たけど、すばらしいプレイがいっぱいあったしね。いろんな人がいて、たくさんのスポーツを観戦することができた。誰もが興奮していたし、良い気分になったことを覚えているよ」と話した。

最後にメダルについて聞かれると「もちろん狙いに行くよ。そうじゃなければ行く意味ないしね。僕は韓国のためにメダルを獲得したい。トッテナムでもチームのためにプレイしてきたけど、韓国でも同じだよ。楽しむために行くのではない。勝ってオリンピックのメダルを獲得したいね」と答えた。

はたして、ソン・フンミンは自身初となるオリンピックで結果を残すことができるのだろうか。日本代表も韓国代表に負けじと頑張ってもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月3日(水)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。