ここから本文です

アーセナル行きの準備万端!? レスターのマフレズがヴェンゲルと会談し、チームとの契約延長も拒否と仏メディア

theWORLD(ザ・ワールド) 8/3(水) 22:30配信

ヴェンゲルも説得か

彼の去就こそがレスターに残された最後の課題といえるだろう。昨季、魔法のようなドリブル突破で幾多の美しいゴールを決めたアルジェリア代表FWリヤド・マフレズは、イングランド王者からの退団を考慮しているのかもしれない。

2015-16シーズンに古典的なカウンタースタイルの戦術で見事なプレミアリーグ優勝を成し遂げ、世界中から多くの喝采を浴びたレスター。かつてチェルシーやローマ、そしてギリシャ代表などを指揮した経験豊富なベテラン、クラウディオ・ラニエリ監督の下で、岡崎慎司やジェイミー・バーディらと共にチームの攻撃を牽引していたマフレズに移籍の可能性が高まっているようだ。仏『Le Buteur』は、レスターがマフレズをチームに残すべく様々な待遇改善を申し出たものの、合意には至らず、マフレズ自身も同クラブとの契約延長に応じないことを決意したと報じている。もちろんそこにはかねてより彼に関心を示すアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の存在があり、同監督はマフレズ本人や代理人と直接会談し、移籍に向けた説得を試みたという。さらに同メディアはマフレズがすでにアーセナル側と個人合意に達し、退団の準備を整えているとも伝えた。

今夏のマーケットでは、中盤の守備を支えていたフランス代表MFエンゴロ・カンテをチェルシーに奪われているレスターだが、マフレズまでをも失ってしまうのだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/3(水) 22:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]