ここから本文です

カンヌ受賞&浅野忠信主演『淵に立つ』主題歌は17歳の新人HARUHI×小林武史

Billboard Japan 8月3日(水)18時10分配信

 2016年5月に第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、約20年ぶりに日本の若手監督がカンヌ受賞を果たし、大きな話題となっている映画『淵に立つ』。10月8日の公開へ向け、ポスタービジュアルが解禁となったほか、主題歌も発表された。

映画『淵に立つ』ビジュアル

 主題歌に抜擢されたのは、17歳のHARUHIによる新曲「Lullaby」。HARUHIは5月に佐藤健と宮崎あおいの初共演で実写映画化された『世界から猫が消えたなら』主題歌「ひずみ」でデビューし、その歌唱表現力が大きな話題となっているアメリカ・ロサンゼルス出身の17歳。映画の世界観をとらえてオリジナル楽曲として書き下ろさた主題歌は、全編英語詞で、作詞作曲はHARUHI、編曲はHARUHIと小林武史の共作となっている。

 ポスタービジュアルには、「あの男が現れるまで、私たちは家族だった」というコピーとともに、浅野忠信演じる「あの男」がシーツから顔をのぞかせる本作の印象的なシーンと、バラバラになった家族写真が配置されている。圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す本作の衝撃を感じさせつつ、観客の想像力と価値観に揺さぶりをかけるデザインに仕上がった。



◎HARUHI-コメント
人が人と生きることにはこんなにも痛みが伴うのか。この作品を観てからずっと考え続けています。
この曲は、生まれくるすべての人を思う子守唄です。
すべての生命を包みこむ、そういうぬくもりを感じてもらえたら嬉しいです。

◎深田晃司監督-コメント
いざこの映画の主題歌をどうすべきかと考えたとき、それが大変な難題であることに気づきました。必要な言葉はもうすべて映画の中にあるよ、と生意気にも考えていたからです。それに余韻も壊したくない。だから、私はこんなお願いをしました。「絶望も希望も歌いあげないで下さい。この映画は崖の淵から下を見るように人の心の闇、生きることの闇をできるだけ理性的に覗き込もうと試みてます。音楽もまたその闇をじっと見つめそこから滲み出る畏れのようなものをHARUHIさんなりに書き留めたものであって欲しいです」と。率直に主題歌らしくない主題歌にして欲しいとも伝えました。
出てきた曲を聴いて、驚きました。期待を軽々と越えていました。この映画は本当の意味で、映画と歌い手がコラボレーションできた稀有な例だと自負しています。聴き終わったときには、私はすっかりHARUHIさんのファンになっていました。この映画が、彼女の伸びやかで繊細な歌声とともに多くの人の元に届き、ともに成長していくのを楽しみにしています。

◎映画『淵に立つ』
2016年10月8日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー
監督・脚本・編集:深田晃司(『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』)
出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治
主題歌:HARUHI「Lullaby」(Sony Music Labels Inc.)
配給:エレファントハウス、カルチャヴィル 公式サイト:fuchi-movie.com
(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

最終更新:8月3日(水)18時10分

Billboard Japan