ここから本文です

チャーリー・プース、新MVで終わった恋の思い出にふける

Billboard Japan 8月3日(水)18時10分配信

 チャーリー・プースが8月2日、新しい「ウィ・ドント・トーク・エニモア」のミュージック・ビデオを公開した。同映像では、終わった恋を思い出しつつ別の人生を歩む元恋人の2人の様子が、2つに分かれた画面にそれぞれ映し出されている。

 セレーナ・ゴメス(映像には登場しない)をフィーチャーした同シングルは、プースのデビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』から今夏はじめにリリースされたもの。ゴメスを伴ったこのキャッチーな失恋ソングにて、プースは「マーヴィン・ゲイ」(feat. メーガン・トレイナー)、「ワン・コール・アウェイ」に続き、リード・アーティストとして3曲目となる米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”トップ40入りを果たしている。

 プースは同曲で“まだ頭の中から君のことが離れない/あぁ、とても残念だ/もう話せないなんて”などと歌っている。映像の中の2人は、昔の写真やメール、記憶をとおして過去の思い出にふけている。

 チャーリー・プースの「ウィ・ドント・トーク・エニモア」のミュージック・ビデオは、現在YouTubeで視聴できる。



◎Charlie Puth - We Don't Talk Anymore (feat. Selena Gomez) [Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=3AtDnEC4zak

最終更新:8月3日(水)18時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。