ここから本文です

瀬戸康史、久々の山内圭哉との対面に喜び爆発「やっと会えたぁぁぁああ!」

クランクイン! 8月3日(水)15時0分配信

 フジテレビのドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に出演している俳優の瀬戸康史が、自身のツイッターにて、同作で共演する山内圭哉とのツーショットを公開。久々の対面に喜びを“爆発”させた表情を浮かべている。

【関連】瀬戸康史『HOPE』インタビューカット&ドラマ場面写真


 瀬戸と山内は、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』以来の共演。『HOPE』では、ドラマの舞台となる総合商社・与一物産の鉄鋼2課の新人・桐明真司役を瀬戸、山内は営業3課の主任・安芸公介役を演じており、これまで部署の違いもあり共演の機会が少なかった様子。以前瀬戸はツイッターで「山内さん…まじ癒しっす。現場であまり会えないのがさみしい」というコメントも寄せていることから、待望の再会となったようだ。

 公開された写真では笑みを浮かべる山内の横で、コメントに記されているとおり「やっと会えたぁぁぁああ!という表情」を見せる瀬戸の姿が映し出されている。また山内も自身のツイッターにて「今年から来年にかけて、ずっと瀬戸くんと一緒ですねん」とコメントを返しており、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』以降も何らかの共演の機会が予想される。

 このツーショットには「同じドラマなのに会えないものなんですね。瀬戸くんの喜びようが可愛すぎます!」「やっと瀬戸くんの癒し山内さんにお逢いできたんですね」「瀬戸くん、会えて私も嬉しいよ。嬉しいさのあまり踊って頭飛ばしちゃだめよ、山内さん」「やったねぇぇぇええ!瀬戸くん可愛い!山内さんめっちゃいい笑顔」と、瀬戸の喜びの表情に共感する声が多く寄せられている。

最終更新:8月3日(水)15時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。