ここから本文です

【高校野球】今大会出場校の通算勝利数トップ3 ~夏の甲子園・記録あれこれ~

ベースボールキング 8/3(水) 8:00配信

甲子園の記録あれこれ~勝利数 編~

 いよいよ8月7日に、『第98回 全国高校野球選手権大会』が開幕する。

 49地区の代表校が全国制覇を目指し、熱い戦いを繰り広げる約2週間――。今回は今年の夏の甲子園に出場する学校の中で、最も「甲子園で勝っている学校」を調査。今大会出場校の甲子園通算勝利数トップ3を調べた。

1位は激戦区を勝ちぬいたあの高校...

 1位は、32勝を挙げている横浜(神奈川)。横浜は、1980年と1998年に夏の甲子園を制している。98年には、松坂大輔(現ソフトバンク)を擁して甲子園春夏連覇を達成。松坂は決勝の京都成章戦(京都)で、史上2人目となる決勝戦でノーヒットノーランを達成した。

 2位は、明徳義塾(高知)の29勝。森岡良介(現ヤクルト)がキャプテンを務めた2002年には全国制覇を成し遂げた。近年は7年連続で夏の甲子園に出場しているが、14年が2回戦、15年が1回戦敗退と、序盤で敗れるケースが増えている。

 そして、第3位は東北(宮城)。夏の甲子園大会で優勝はないが、今大会の出場校では3番目に多い28勝をマークする。最も優勝に近づいたのは03年だ。2年生エースだったダルビッシュ(現レンジャーズ)が好投し、チームを準優勝に導いた。

 今大会出場校の通算勝利ランキングトップ3は以下の通り。

【今大会出場校の通算勝利数トップ3】
1位 横浜(神奈川)
夏成績:32勝13敗 勝率.711

2位 明徳義塾(高知)
夏成績:29勝16敗 勝率.644

3位 東北(宮城)
夏成績:28勝21敗 勝率.571

BASEBALL KING

最終更新:8/3(水) 10:47

ベースボールキング