ここから本文です

【高校野球】グラウンドは女人禁制?波紋を呼ぶ女子マネの練習参加制止問題

ベースボールキング 8/3(水) 16:30配信

甲子園練習で意外な“事件”

 いよいよ8月7日(日)から開幕する「第98回高校野球選手権大会」。聖地・甲子園では、地区大会を勝ち抜いて甲子園出場を勝ち取ったチームの“ご褒美”・甲子園練習がスタートし、開幕へ向けて熱が高まっている。

 そんな中、甲子園練習中のある“事件”が大きな話題となった。

 大分県代表・大分高の女子マネジャーである首藤桃奈さんが、ユニフォーム姿でグラウンドに立ち、守備練習のノッカーにボールを手渡す役目をしていたところ、大会関係者に制止されてグラウンドから退去させられたというのだ。


 実は大会規定には「練習補助員とボールボーイは男子部員に限る」との記載があり、甲子園練習でもそれに準ずるというのが暗黙の了解となっていた。

 しかし、“甲子園練習”においては、「ユニフォームを着ていない記録員は練習に参加できない」とされており、男女に関する記載はなかったため、今回の事件が起こってしまったという。

ネット上で議論が発展

 大会関係者は規定違反のために注意したに過ぎず、大分高サイドも規定を勘違いしていたとして謝罪を行った。

 ところが、この一件が報じられると、グラウンドの外で様々な議論へと発展していく。

 「いつの時代の話なんだ」「女性差別でしょ」
 「じゃあ男子は危険じゃないの?」「監督が女性だったらどうするの?」

 ネット上では様々な意見が挙がり、さらに著名人によるこの問題に関しての見解が出されると、またそれに関して議論が生まれるという風にどんどん拡散されていった。

 寄せられたたくさんの意見の中には、「相撲じゃないんだから」というものがあった。

 “女人禁制”とされている日本の国技「相撲」。今では地方のちびっこ相撲などで女子が相撲に参加したりといったことがあるものの、一般的に女子が土俵に上がること、また力士の支度部屋に入ることが禁止されている。

 では、甲子園や野球のグラウンドは……?

 女子マネジャーからしてみれば、選手と一緒に汗を流し、ようやくたどり着いた夢の舞台。きっと首藤さんも、グラウンドに立った瞬間は選手と同様に感激の思いでいっぱいだっただろう。

 今の時代、女子プロ野球も盛り上がりを見せるなど、野球は男子だけのスポーツではなくなっている。

 この一件をきっかけに、“暗黙の了解”として染み付いた古い慣習が見直されることに期待したい。

BASEBALL KING

最終更新:8/3(水) 17:47

ベースボールキング